モナコイン(MONA)がやばい!2018〜2019年に買っておきたい5つの理

モナコイン(MONA)は、日本で開発された仮想通貨です。

 

決済ツールとしての利用価値を遥かに超えたコミュニティによるユニークな展開のプラットフォームが若い世代に非常に受けているアルトコイン。

 

国内で特に2018年〜2019年にかけて盛り上がりを見せると予想されているモナコイン(MONA)の投資をするべき5つの理由についてまとめました。

 

モナコイン(MONA)とは?

モナコイン(MONA)は、2013年12月に日本で誕生した仮想通貨。

 

発行上限枚数が、1億512万枚で、中央集権型ではなくユーザーが所有するパソコンで実行されるプログラムによって維持されている決済システムです。

 

基本的にブロックチェーンテクノロジーを起用してマイニングを行う工程は、ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)と同様で、開発者もユーザーと同等にマイニングによってコインを入手する仕組み。

 

2chのキャラクター「モナ―」がモデルとなって誕生したモナコイン(MONA)は、資産運用としての投機的な目的だけでなく、ユーザーによる新しいサービスの開発や、神社建立、モナコインの所有者同士が「いいね」の代わりに使える「投げ銭」が使えるポータルサイトが誕生するなど、独自の発展を続けているのが特徴です。

 

モナコイン(MONA)を2018年〜2019年に買っておきたい5つの理由!

モナコイン(MONA)は、ブロックチェーンテクノロジーを採用したビットコイン(BTC)と同じメカニズムの仮想通貨です。

 

しかし決済目的のみに焦点を置いて開発されたビットコイン(BTC)に比べ、プログラミングによってあらゆるサービスや機能が追加できる進化をし続けることができるプラットフォームがモナコイン(MONA)の最大のフレキシビリティです。

 

モナコイン(MONA)を2018年〜2019年にかけて購入しておくべき理由があります。

 

決算としての利便性だけではないモナコインの特徴を踏まえながら、5つの理由についてまとめました。

 

1.モナコイン(MONA)は決済の実用範囲が広い

モナコイン(MONA)は、法定通貨と同様に決済利用目的に開発された仮想通貨です。

 

ビットコイン(BTC)で決済ができるサイトやサービスが増加しつつありますが、他の仮想通貨は依然として投機目的が優先です。

 

モナコイン(MONA)の注目すべき特徴は、コミュニティが充実し、開発したサイト内で決済用の通貨としてすでに実用化されているとことです。

 

実際に決済用通貨として利用価値があることは、一般に広く浸透しやすいメリットでもありますので、これからモナコインの利用価値が高まると考えられるでしょう。

 

モナコイン(MONA)を実際に使用して利用できるサイトやサービス、実店舗についてご紹介します。

 

Monappy(モナピー)

モナピ―の会員同士が、商品の出品や購入ができ、モナコインを使って決済をするショッピングモール

 

主な出品商品は、ゲームソフト、キャラクターフィギュア、ギフトカード、モナ米、モナコインクッキーなど、種類や品種は様々です。

 

モナオク

モナオクとはモナコイン(MONA)を使ってオークション商品を落札することができるサイトで、使用には会員登録が必要です。

 

2018年6月現在会員数は120人とまだ少なめですが、金券やゲームなどの出品が目立ちます。

 

Monazon.jp(モナゾン)

モナコイン(MONA)を、実際の店舗でも決済用通貨として使用することができるお店やサービスが登録をしているサイト。

 

オンラインと実店舗含めて29店舗が登録をしており、飲食店、ペットグッズ、中古車販売、宿泊、法律事務所、整体エステ、コスプレカフェ、ヘアーサロンなど業種も立地も様々な店舗が参入しています。

 

ビットコインモール

AV機器やパソコン関連の商品が多く販売されるビットコインモールでもモナコインを使用して決済ができます。

 

モナコインが使用できるサイトのなかでは最大級の品揃えで、全部で9万点の登録があり、特にパソコン周辺機器は取り揃えが豊富です。

 

amaten(アマテン)

電子ギフト券の売買がビットコインとモナコインでできるサイト。

 

2.「投げ銭」でお返しをするチップシステム

モナコイン(MONA)の最もユニークな特徴に挙げられるのがコミュニティ内での活用法です。

 

モナコイン(MONA)をSNSの「いいね」の代わりのように使用して、相手にチップを提供することができる「投げ銭」というツールがあります。

 

使用できるのは限られたサイトですが、決済目的として開発された仮想通貨の中では非常に特異な機能と言えるでしょう。

 

コミュニティ内ではこの投げ銭のことを通称「モナゲ」と呼び、新しいテクノロジーによる文化の広がりが期待できそうな点でもモナコインへの参入は早い方が良いと考えられています。

 

 

Tipmona(チップモナ)

Twitterユーザー同士ならだれでも使うことができる「投げ銭Bot」を使ったシステムで、Twitter上で応援したいツイートにモナコインをチップとして贈与することができるサービスです。

 

受け取り側がモナコインのウォレットを所有していなくても受け取ることができ、ウォレットは自動で作成されるため、受信側は受け取りに操作の必要はありません。

 

「投げ銭」を送る側は、モナコインをツイッターのウォレットに送金し、リプライでコインを贈与、ウォレットからモナコインを送金すれば完了です。

 

同じようなシステムでTipphoto(チップフォト)、 Tipmusic(チップミュージック)といったサービスもあり、今後も同じような形式のサイトが増える傾向にあると見られています。

 

AskMona(アスクモナ)

アスクモナは、様々なトピックや質問がユーザーによって投稿されている掲示板サイトで、お礼や気に入った投稿にモナコインを贈与するシステム

 

全体の傾向として、モナコイン開発やテクニカルな内容に偏った投稿が多く見られますが、短歌を書いてモナコインを貰うや、健康管理に関する投稿などトピックにも幅があるのが特徴です。

 

TwitCasting(ツイートキャスティング)

通称ツイキャスと呼ばれるこのサービスは、無料で誰でもがライブ配信ができるサービスで日本の株式会社モイが運営しています。

 

フィンランド語でこんにちはを意味する「モイ」がツイキャス上では共通語となり、掛け声として使用されるほどツイキャスコミュニティは中高生の間で盛り上がりを見せています。

 

ツイキャスは、既存のサービスニコニコ生放送(ニコ生)と同じことが無料でできるのが人気の秘密です。

 

ライブ配信は映像と音声のみの選択ができる点もツイキャスが受けている理由の1つでしょう。

 

ツイキャスサービスが2018年4月よりモナコインウォレット機能を追加したことで、更にユーザーの関心が高まっています。

 

3.モナコイン(MONA)のコミュニティの結束が固い

モナコイン(MONA)の大きな特徴として、開発者がモナコインに参入している一般のボランティアであることが挙げられます。

 

日本の最大掲示板2chのソフトウェアを採用して開発されたモナコイン(MONA)は、ワタナベ氏の手によって世に送り出されました。

 

 

リリース以降は、ユーザーの手によってSegwit(セグウェイット・トランザクション取引情報を圧縮して速度を向上するための処理技術)やアトミックスワップ(第三者を介することなく仮想通貨の取引を可能にするシステム)が導入されています。

 

この動向は、モナコインの開発に携わりたい人ならだれでも参入できるオープンな環境であり、モナコインコミュニティの結束が強いため、将来的な展望が期待できると言えます。

 

 

仮想通貨に参入のコミュニティがこれほど結束が強いのは世界でも非常に稀なことです。

 

宣伝活動の顕著な例として、2017年10月末に、個人投資家でモナコインエバジェリストの田中氏は、個人資金130万円を投じて、東京秋葉原の駅前にある「秋葉原UDX」と「秋葉原ラジオ会館」にある巨大ビジョン上に1週間のモナコインPR広告動画を流しました。

 

 

自己資金を投入してモナコインの宣伝効果に加担するのは動画CMだけではありません。

 

AskMonaでオリジナルモナコイン100枚を無料配布すると告知したのは、61歳のソバチョク氏。

 

製作1枚1000円以上かかったというモナコインをイメージしたキャラクター入りの金銀コインを合計240枚無料で配布しました。

 

ソバチョク氏の配布日には、モナコインクッキーを無料で配布するモナコイナーや、モナコインのロゴ入りポーチを配布する人も。

 

モナコインのコミュニティがなぜ自己資金を投与してまで宣伝活動に力を入れるのかと言うと、その理由は誰でもが開発するチャンスがある膨大な可能性が秘められた仮想通貨であることでしょう。

 

 

それぞれの個人投資家が、新しい技術の開発が進むことで資産価値の上がるモナコイン(MONA)を自分たちの手で育てていこうという意識が強いことが非常によく分る独自の展開を見せるモナコインです。

 

4.モナコイン(MONA)は国内需要によって広がる通貨

モナコイン(MONA)は日本で開発された通貨で、国内需要傾向が強いアルトコインです。

 

海外への流通はまだ時間がかかると予想されますが、国内の需要は確実に増加の一途をたどっています。

 

リリース当初、モナコイン(MONA)の取り扱い取引所はZaif(ザイフ)のみでした。

 

2017年10月にBitflyer(ビットフライヤー)が取り扱いを開始し、モナコイン(MONA)の価格は一時急騰し、平均50円〜90円だった価格は400円を超す高値を付けます

 

同年12月にはこの急騰の影響を受け、さらに20倍の高値となる最高1500円を付け2018年6月現在は300円〜400円の価格で落ち着きを見せています

 

 

Bitflyer(ビットフライヤー)参入と共に価格が大きく跳ね上がった理由は、モナコインの知名度が上がったことと深く関係しています。

 

ビットフライヤーは国内60万人のユーザーを保有する大手の仮想通貨販売所です。

 

日本初開発の仮想通貨の発展に展望を見出す投資家がこぞって参入するとともに、海外からも注目を受けたことが急騰の原因と考えられています。

 

 

国内初の仮想通貨は、現時点でも実用へのサービスや商品が数々登場し日常生活でモナコインを法定通貨と同様に使用できる日はそう遠くないと考えるのが妥当でしょう。

 

日本国内に特化した仮想通貨として息長く一般に浸透していくことは容易に考えらます。

 

また仮想通貨のサイトやチャートが英語標識なものが多いのに対し、日本初のモナコインの表示は全て日本語

 

仮想通貨投資初心者や、英語表記が難しいと思う投資家にとって日本語で全て理解できることは、混乱をさけ簡単に取引ができるという点でもメリットがあると言えるでしょう。

 

 

一時的に高値を更新したモナコイン(MONA)ですが、2017年後半から2018年6月現在まで大きな値幅の動きはなく、チャートもボックス状態(一定の値幅で上下を繰返すこと)です。

 

値幅が300円台〜600円にある程度安定している現状は、投資の価値があるとみて間違いないでしょう

 

5.デジタルコンテンツ市場に強い

モナコイン(MONA)は、開発の当初からユーザー試行に技術更新がゆだねられてきました。

 

アジアの中でもデジタル産業の先端を行く日本にとって、モナコインのオープンコンセプトは認知度や総資産に関係なく開発に関与でき、一般に広く新しいコンセプトやフォーミュラを開拓させる良い原動力になります。

 

 

現在モナコイン(MONA)が実用化されている多くのサイトは、いわゆるオタクといわれたマンガ、イラスト、ゲームコンテンツなど日本の1文化となった秋葉系の流れを継いでいます。

 

世間の流れがコンピュータ技術を無しに語れない昨今では、モナコインがエンタメコンテンツに比重を置いて産業化されていくことは自然の流れです。

 

 

これからはコンピューターやAIがもっと生活に密着した存在になり、私たちの日常になくてはならないものに変化します。

 

実際、テクノロジーが進歩したことによって、お金を稼ぐ方法とも思われていなかった娯楽の世界のゲーマーや、趣味の情報発信ユーチューブがユーチューバーとして、歴とした職業として成り立つ時代がやってきました。

 

 

今後のエンタメ産業の風潮は、モナコイン(MONA)を投げ銭で稼ぐ「モナゲ」によるモナコイン長者が生まれても不思議ではありません。

 

日本の秋葉文化はすでにコミックやアニメ文化として世界で有名になっています。

 

近い将来、モナコインを稼いで生計を立てるクリエーターたちが登場してきても全く不思議はないのです。

 

日本のテクノロジーは、このようなエンタメ産業を通して日々進化を遂げています。

 

日本市場を基盤にモナコイン(MONA)の流通が広がりを見せる兆しがありますが、全てがインターネット上に存在する今の時代、日本発信が世界中に広まる日も遠くないと言えるでしょう。

 

モナコイン(MONA)をお得に買えるおすすめ取引所は?

モナコイン(MONA)は、日本円で購入でき日本人にとってはとても有利な仮想通貨です。

 

2017年に仮想通貨全体のブームの影響もあり、同年後半には15倍〜20倍にも及ぶ高値を記録しています。

 

現在は価格の落ち着きを見せているモナコインですが、今後やってくるであろうモナコイン急騰の波に乗り遅れないためにも、早めに便利でお得な取引所を開拓しておきましょう

 

日本国内でおすすめのモナコイン(MONA)取扱所をご紹介します。

 

Bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは人気のアルトコインが全て板取引できる人気の取引所です。

 

ビットバンクのCEO廣末紀之氏は、2017年4月日本仮想通貨交換業協会の副会長を務め、金融庁の認可も受けた信用のある会社

 

テレビCMや宣伝費に投資をせず、セキュリティ対策の向上のために資金を導入し、顧客の安心の定着に努力する企業姿勢も投資家たちに受けている理由です。

 

ビットバンクでモナコイン(MONA)を購入するメリットや手数料についてまとめました。

 

<取り扱い仮想通貨ペア>

BTC(ビットコイン)/JPY、XRP(リップル)/JPY、LTC(ライトコイン)/BTC、ETH(イーサリアム)/BTC、BCH(ビットコインキャッシュ)/JPY、MONA(モナコイン)/BTC、MONA(モナコイン)/JPY

 

<ビットバンク手数料>

ビットバンクは現在2018年9月30日まで手数料無料のキャンペーンを行っています。

 

口座開設や、管理の費用も一切かかりません。

 

仮想通貨すべてのペアにおいて売買手数料はキャンペーン期間中は無料

日本円入出金料:日本円入金無料
        日本円出金料金…3万円未満540円、3万円以上756円
MONA(モナコイン):入金手数料無料
          出金手数料…0.001MONA
          ※仮想通貨出金の際にかかるマイナーへの報酬は別途発生 

 

<ビットバンクでモナコイン(MONA)を買うメリット>
セキュリティ対策がしっかりしている

2018年1月に発生したコインチェックのハッキング事件を受け、同月29日にはすでにCEO廣末紀之氏の表明により、仮想通貨ウォレットのセキュリティ体制の位置づけが発表されました。

 

ビットバンクの取り組みとして、大切な顧客の資産は保護と安全確保が第一の優先課題。

 

自社資産と顧客資産の別管理をすることによって、混乱が起こらない万全の体制を整えています

 

インターネット上の攻撃を回避するために導入したコールドウォレットは、ハッカーたちがサーバーに直接侵入することを防ぐための対策として取り入れられています。

 

インターネット環境における秘密鍵のメカニズムは、コネクション上にある限り非常に脆弱です。

 

ビットバンクでは、マルチシグを採用し、複数の秘密鍵を講じることによってウォレットがハッキングの危険にさらされるリスクを軽減しています。

 

コールドウォレットの特徴は次の4つ。

・1.複数人が個別の秘密鍵を所有し、解読が複雑化されている
・2.署名用のオフラインコンピューターで管理
・3.ビットバンク独自開発のマルチシグ専用OS使用
・4.トランザクション移動用専用物理デバイス

 

スマホ対応iPhoneとAndroidアプリで使いやすくなった

2018年4月12日ビットバンクは、iPhoneで使用可能なアプリ配信を開始しました。

 

同月17日には、Androidで使用可能なアプリを続けて配信開始しています。

 

アプリの特徴は次の5つ。

・1.ビットコインをはじめ6種類の仮想通貨の取引を管理できる
・2.100種類以上のテクニル分析で本格的なトレードが可能
・3.オフラインのコールドウォレット対応でセキュリティも安心
・4.仮想通貨交換業登録済(第00004号)の事業者による運営

 

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は仮想通貨取引の最大手

 

日本で最初にモナコイン(MONA)の取り扱いを始めた取引所としても知られています。

 

全モナコインの半数はZaif(ザイフ)で取引が行われていると見られ、モナコインの売り買いが有利になる取引所です。

 

Zaif(ザイフ)は5種類の主要仮想通貨をはじめ、10種類のトーケンを含む15種類もの銘柄の取り扱いがあり、バラエティ豊かな取り揃えが特徴

 

Zaif(ザイフ)の特徴やモナコイン(MONA)を取引するメリットについてまとめました。

 

<Zaif(ザイフ)取り扱い仮想通貨ペア>

BTC(ビットコイン)/JPY、XEM(ネム)/JPY、XEM/BTC、MONA/JPY、MONA/BTC、BCH(ビットコインキャッシュ)/JPY、BCH/BTC、ETH(イーサリアム)/JPY、ETH/BTC

 

<Zaif(ザイフ)の手数料>

モナコイン取引手数料:メイカー手数料(指値取引)0%
           テイカー手数料(成行取引)0.1%
日本円入金手数料:銀行への振り込み(各銀行の手数料負担)
         コンビニ入金手数料…3万円未満486円、3万円以上594円
         ペイジー入金手数料…3万円未満486円、3万円以上594円
日本円出金手数料:銀行への振り込み手数料…50万円未満350円、50万円以上756円
MONA送受手数料:0.001MONA〜0.1MONA

 

<Zaif(ザイフ)でモナコイン(MONA)を買うメリット>
モナコイン(MONA)の購入を積み立てできる

Zaif(ザイフ)は、毎月決まった一定の金額で仮想通貨を買い続けることができる積み立てサービスを利用することが可能です。

 

積立金額は1000円と低額から始めることができ便利。

 

積み立てのメリットは、忙しくてチャートを分析して買値を見定めたりする時間がない人や、とにかく投資を始めたいけどやり方が分からないし損失のリスクが怖いなどの不安を抱えている投資家には非常に使いやすいサービスです。

 

積み立てに設定した金額を上限とし、ベストタイミング以外の買い過ぎによる損失を防ぐことができます。

 

コイン積み立てはいつでも変更が可能で、短期間の試験的試みで始めることもできるフレキシブルな設定も投資家にはメリットです。

 

簡単取引と板取引の2つから選択できる

Zaif(ザイフ)は、モナコイン(MONA)の取引を「簡単取引」と「取引」の2種類から選択して行うことが可能です。

 

「簡単取引」は、買値と売値を設定し即時に取引が成立する方法。

 

「取引」は、いわゆる板取引と呼ばれるもので、現物買い、売りのどちらにも「成行取引」と「指値取引」の選択があり、チャートの動向や分析を行いながらトレードを行います。

 

この方法は、価格変動の動向を逐一見守って短期的にトレードを繰り返す場合や、先行きを見込んでの指値をする場合に有利な方法です。

 

パソコンのチャートが見やすい

Zaif(ザイフ)の仮想通貨取引のチャートは見やすいと好評です。

 

特徴は、6種類のチャート表示から見やすい画面を選ぶことができ、仮想通貨の動向に合わせた分析がしやすくなること

 

高度なカスタマイズ機能が充実し、本格的なトレードの醍醐味を味わうことができる満足のスペックと言えるでしょう。

 

また、画面の右側に、ユーザー用のチャット機能を搭載し、ユーザー間での情報交換や、相互サポートなどに役立てることができます。

 

レバレッジトレードで資産運用ができる

多くの仮想通貨取引所がビットコインのみでのレバレッジ取引を行っていない中、Zaif(ザイフ)では、大きく資金運用をできるレバレッジトレードをモナコインにも採用しています。

 

Zaif(ザイフ)のレバレッジトレード信用取引は、日本円を初めてモナコインを担保として預けることで、最高7.77倍まで取引が可能となるサービスです。

 

現物取引は、価格が安い時に買い、高い時に売ることで利益を得るトレードですが、レバレッジ取引契約をすれば、売りから取引を始めることができるためトレードのチャンスを逃す心配がありません。

 

Zaif(ザイフ)のレバレッジトレードには追加担保請求が必要なく、口座に預けている以上の負担金額が発生する心配がないのが魅力です。

 

友達紹介プログラム

Zaif(ザイフ)には友達を紹介して紹介料を手に入れるプログラムを推奨しています。

 

Zaif(ザイフ)紹介を自身のブログやホームページ、SNSを通して行いそこから登録したユーザーがサービスを使用すると、紹介者に報酬が支払われるというアフリエイトシステムです。

 

報酬金額は次のように設定されています。

・1.紹介した本人が郵送による本人確認終了時…1500円
・2.郵送による本人確認から1ヶ月以内に100万円相当の取引を完了…10000円
・3.コイン積み立て加入後3カ月目の積立総額が3万〜15万…6000円
   コイン積み立て加入後3カ月目の積立総額が15万〜30万…10000円
   コイン積み立て加入後3カ月目の積立総額が30万以上…30000円

 

仮想通貨をモチーフとしたスイス製腕時計CHRONOSWISS COMSA オークション

2018年3月にZaif(ザイフ)とスイスの高級腕時計CHRONOSWISSが提携を組んで、仮想通貨をモチーフにした腕時計5種類101個の限定品が販売されることがマスコミ各位に発表されました。

 

1回目は「Bitcoin」「NEM」「Ethereum」「Zaif」「COMSA」の5種類の内「Bitcoin」と「Ethereum」バージョンでオークション形式で販売された101個は4月26日すでに終了しています。

 

2回目のオークションは、「COMSA-the token」「 CMS/ETH」「 CMS/XEM 」「Zaif-the exchange」の4種類で、開始は2018年6月26日終了は7月10日です。

 

入札開始金額は9000CHF(日本円換金約100万円相当)がスタートで、成行注文決定で上位101名の入札者が落札することになります。

 

BitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは仮想通貨販売所で、スマホアプリでの取引が簡単なことで人気

 

板取引が可能な取引所と異なり、スプレッドがやや広めに設定される傾向がありますが、初心者には始めやすい簡単な操作と管理が受けている仮想通貨販売所です。

 

ビットフライヤーの特徴やモナコイン(MONA)を取引するメリットについてまとめました。

 

<ビットフライヤー取り扱い仮想通貨ペア>

BTC(ビットコイン)/JPY、ETH(イーサリアム)/JPY、ETC(イーサクラッシック)/JPY、LTC(ライトコイン)/JPY、BHC(ビットコインキャッシュ)/JPY、MONA(モナコイン)/JPY、Lisk(リスク)/JPY

 

<ビットフライヤーの手数料>

アルトコイン販売・買い取り手数料:モナコイン0.00000001MONA
クイック入金手数料:324円
銀行振り込み入金手数料:各金融機関指定
日本円出金手数料:三井住友銀行口座の場合…3万円未満216円、3万円以上432円
         三井住友銀行以外の場合…3万円未満540円、3万円以上756円
リアルタイム出金:3万円未満216円、3万円以上432円
モナコイン送付手数料:無料

 

<ビットフライヤーでモナコイン(MONA)を買うメリット>
とにかく使いやすい

ビットフライヤーはスマホで取引が簡単に行える使いやすいアプリが好評です。

 

表示は販売所とチャートが表示されるのみでチャート解析や指標のカスタマイズはできませんが、購入価格と販売価格の折り合いの良いタイミングを見計らって取引をすることが可能です。

 

初心者トレーダーには非常にわかりやすい表示で混乱することがありません

 

信用度が高い

ビットフライヤーは、日本一のユーザー数を誇り、株主に三菱UFJやみずほファイナンシャルといった大手が企業が出資。

 

資本金も他の仮想通貨業者を大きく上回る41億円という多額の資金が投入されています。

 

バックアップが大手であることで信頼した取引ができることは個人投資家にとっても有利な点でしょう。

 

モナコイン(MONA)を2018年〜2019年に買っておきたい!まとめ

モナコイン(MONA)は、日本初の仮想通貨ということもあり、国内では投資家がモナコインの盛り上げムードにあります。

 

平均価格は2018年6月現在300円代に落ち着きを見せていますが、日々進化を続けているモナコインの実用範囲が増える度に確実に価格が上昇することは間違いありません。

 

ツイッターや情報交換サイトにて「投げ銭」ができるプラットフォームは特に若い世代に受けているサービスです。

 

多くのユーザーである中高生がもうあと3年もすれば市場に開発者として参入することも容易になります。

 

モナコイン(MONA)が近い将来仮想通貨のトップを行く日も特に国内では、そう遠くはないかもしれません

 

いつ高騰しても不思議ではないモナコイン(MONA)は、低値の今の段階で投資されることが賢明ではないでしょうか。